昭和上條医療賞受賞式が開催されました

昭和上條医療賞受賞式が開催されました

2020.04.05 更新

昭和上條医療賞授賞式開催

 公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団(東京都品川区 理事長:山元俊憲)は、2019年度の昭和上條医療賞受賞者を発表し、その授賞式が2019年12月16日、昭和大学上條記念館で行われました。

 昭和大学医学・医療振興財団は、昭和医学振興財団から継承され、平成25年より国民の健康増進と医学・医療の発展に貢献する医療人の支援を目的とした公益財団法人です。主要事業の一つとして地域保健医療において創造的かつ先駆的諸活動を行い大きな成果をあげた実践者またはグループに対する顕彰事業があり、昭和大学同窓会は昭和大学医学・医療振興財団の活動をサポートしています。

今回で6回目となる2019年度の「昭和上條医療賞」は、地域保健医療貢献部門の2件と医療人育成部門の1件(受賞者は下記のとおり)が選ばれ、山元理事長から表彰状とメダルならびに副賞が授与されました。表彰後には受賞者によるそれぞれの活動内容に関する報告が行われました。

 

鈴木 央 (鈴木内科医院 院長 昭和大学医学部55回生)

「在宅医療、地域包括ケア推進」

布施 克也(魚沼市立小出病院(地域医療魚沼学校)院長(校長))

「住民こそ医療資源」

 

よこはま乳がん学校  代表 千島 隆司 (横浜労災病院包括的乳腺先進医療センター センター長)

「乳がん診療における「患者中心のチーム医療」の実践と普及」