【昭和大学医学・医療振興財団】昭和上條医療賞の授賞式が開催されました

【昭和大学医学・医療振興財団】昭和上條医療賞の授賞式が開催されました

2019.01.04 更新

公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団(東京都品川区 理事長:山元俊憲)は、平成30年度の昭和上條医療賞受賞者を発表し、その授賞式が12月17日、昭和大学50年記念館で行われました。

昭和大学医学・医療振興財団は、昭和医学振興財団から継承され、平成25年より国民の健康増進と医学・医療の発展に貢献する医療人の支援を目的とした公益財団法人です。

主要事業の一つとして地域保健医療において創造的かつ先駆的諸活動を行い大きな成果をあげた実践者またはグループに対する顕彰事業があり、昭和大学同窓会は昭和大学医学・医療振興財団の活動をサポートしています。

今回で5回目となる平成30年度の「昭和上條医療賞」は、地域保健医療貢献部門から3件(受賞者は以下のとおり)が選ばれ、山元理事長から表彰状とメダルならびに副賞が授与されました。

表彰後には受賞者によるそれぞれの活動内容に関する報告が行われました。

 

川瀬 定夫

(川瀬医院 院長 昭和大学医学部36回生)

「消化器病研究会から発信した病診連携そして内視鏡による胃がん検診の構築」

 

認定NPO法人長崎在宅Dr.ネット代表 藤井 卓

(藤井外科医院 院長)

「在宅医療の推進と医療・介護・福祉ネットワークの構築」

 

泰川 恵吾

(医療法人鳥伝白川会 ドクターゴン診療所 理事長院長)

「離島へき地における在宅医療の充実と医療水準の向上」

 

 

川瀬 定夫  先生(左)と山元理事長

 

藤井 卓  先生(左)と山元理事長

 

泰川 恵吾  先生(左)と山元理事長

 

受賞者と出席者による記念撮影

 

 

 

 

以下のページもあわせてご覧下さい。

公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団ホームページ http://showa-mf.jp/